株式会社ディスク・ロード

 

<if もしも・・・・>IF.

品番:DLDS0048
制作年:1968
制作国:イギリス
カラー:カラー
ジャンル:洋画ドラマ
収録時間:111
発売日:2018/8/6
画面サイズ: 16:9ビスタ
音声仕様:英語
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:リンゼイ・アンダーソン 製作:デヴィッド・シャーウィン 脚本:デヴィッド・シャーウィン 撮影:ミロスラフ・オンドリチェク
キャスト
出演:マルコム・マクダウェル、デヴィッド・ウッド、アーサー・ロウ、リチャード・ワーウィック、ルパート・ウェブスター、クリスティ・ヌーマン、モナ・ウォッシュボーン、ショーン・バリー


解説
第22回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞
<青春の断絶>を描いて全世界の若ものや各界に大きな反響を呼び起こした問題作!!

選ばれた名門の子弟のみが学ぶことを許されるイギリスの伝統的パブリック・スクール。先生や上級生の命令には絶対服従、下級生たちはみな上級生に奉仕をしていた。食事を運び、髭を剃り、挙句の果てには便座を温めさせられた。ミック(M・マクダウェル)、ジョニー(D・ウッド)、ウォレス(R・ウォーウィック)の3人組は、そんな従順な生徒たちの中で寮の秩序を乱す危険分子たちだった。そしていつも罰則を気にもせず“自由”だった。オートバイを盗んで郊外を疾走したり、カフェの娘(C・ヌーナン)にいきなりキスしたり。しかしある日ミックたちは度重なる問題行動を咎められ、上級生たちから鞭打ちの罰を与えられた。特にミックには長い時間鞭が振られた。これをきっかけに、ミックたちは抵抗を始め、軍事訓練の時間に銃をぶっ放した。そしてまた物置部屋の整理という罰を受ける。しかしそこでミックたちは多くの武器が埋もれているのを発見する。
ブリティッシュ・ニュー・シネマの旗手リンゼイ・アンダーソン監督が1969年のカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した衝撃の問題作。本作を観たスタンリー・キューブリック監督は、主演のマルカム・マクダウェルを『時計じかけのオレンジ』(72)に起用した。










(c) 2018 Paramount Pictures.