株式会社ディスク・ロード

 

<L・B・ジョーンズの解放>THE LIBERATION OF L.B. JONES

品番:TMOD10738
制作年:1969
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:洋画ドラマ
収録時間:102
発売日:2018/9/25
画面サイズ:16:9ビスタ
音声仕様:英語(2chモノラル)
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:ウィリアム・ワイラー 製作:ロナルド・ルービン 原作:ジェシー・ヒル・フォード 脚本:スターリング・シリファント ジェシー・ヒル・フォード 撮影:ロバート・サーティース 音楽:エルマー・バーンスタイン
キャスト
出演:リー・J・コッブ、ロスコー・リー・ブラウン、ヤフェット・コットー、アンソニー・ザーブ、リー・メジャース、バーバラ・ハーシー


解説
人種差別が生み出す暴力と犯罪!人間性の頽廃と喪失を透徹したリアリズムで描く。

テネシー州ソマートンに向かう列車にスティーブ(リー・メジャース)とネラ(バーバラ・ハーシー)のカップルがいた。スティーブは、叔父のヘッジパス(リー・J・コッブ)が経営する弁護士事務所にパートナーとして迎えられたのだった。その列車には、13年ぶりに故郷に戻ってきたソニー(ヤフェット・コットー)も拳銃を手に乗っていた。ヘッジパスの事務所に葬儀社を営む裕福な黒人のL・B・ジョーンズ(ロスコー・リー・ブラウン)が浮気している妻と離婚したい、と相談しに来ていた。ヘッジパスはジョーンズの依頼をすげなく断り、その姿を見たスティーブは彼の態度に疑問を抱く。一方、ソニーは育ての親を訪ね、自分にひどい暴行を加えた警官、バンパスに復讐するつもりだと伝える。 ジョーンズの妻エマは弁護士を雇い、離婚するつもりはない、とジョーンズを挑発する。エマの浮気相手は白人警官のウィリー(アンソニー・ザーブ)で彼には妻子がいた。ヘッジパスは警察署に赴き、ウィリーに調停で浮気相手の名前が挙げられる前に善処しろと話す。ウィリーは、弁護士を解雇するようエマに暴行を振るう。
エマを拒絶されたウィリーはジョーンズの家に行き、月曜の18時までに離婚を取り下げるようヘッジパスに伝えるよう脅す。ジョーンズの警護をしていたソニーは、バンパスがウィリーの相棒であることを知る。人種差別から生まれる暴力と憎しみの連鎖、解決よりも隠蔽を工作する政治と法。巨匠ウィリアム・ワイラーの遺作となった問題作が初のソフト化。










(c) 1969, renewed 1997 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.