株式会社ディスク・ロード

 

<鍵>THE KEY

品番:TMOD10584
制作年:1958
制作国:イギリス
カラー:モノクロ
ジャンル:ドラマ/ロマンス/サスペンス
収録時間:127
発売日:2017/2/27
画面サイズ:16:9ビスタ
音声仕様:英語
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:キャロル・リード 製作・脚本:カール・フォアマン 原作:ヤン・デ・ハルトグ 出演:ウィリアム・ホールデン、トレヴァー・ハワード、ソフィア・ローレン、オスカー・ホモルカ、キーロン・ムーア ケイン
解説
死を覚悟した男は、鍵を別の男に渡す。
愛する女の未来とともに・・・

1940年、ドイツ軍のUボートや航空機により、大きな被害を蒙っていた輸送船を、小型の曳航船で救護する任務の重要性が日々増していた。
カナダ陸軍所属のアメリカ人、デイヴィッド・ロス(ウィリアム・ホールデン)は、かつて曳航船に乗っていたという理由で出頭を命じられる。港には、旧知のクリス・フォード(トレヴァー・ハワード)が曳航船の船長をしていた。
フォードの船に乗り、火災した船の救護にあたったロスは、その夜、誘われるままにフォードのアパートに行く。そこには、彼の美しい恋人ステラ(ソフィア・ローレン)がいた。
クラブでしたたかに酔ったフォードは、ロスにかつて曳航船に乗っていた男に部屋の合鍵を渡され、ステラの面倒を見るよう頼まれたのだと打ち明ける。そして、自分に何かあったらステラを頼むと懇願し、ロスに押し付けるように鍵を渡すのだった。
ある夜、急な任務が入ったフォードに、いつもは部屋をでないステラがどうしても見送りたいと港まで着いていく。救護に向かったフォードの船は砲撃を浴び、彼は海中に落ちて戻らぬ人となってしまう。その事をステラに告げたロスは、彼女からいつ部屋に来るのか、と尋ねられる。
最初は拒否してホテルにとどまっていたフォードだったが、何度申請しても船の機関砲は修理されず、自分の死もそう遠くないと悟り、ステラの部屋を訪ねていく・・・
戦時下で愛する男の死によって生を翻弄される女とその女を愛した男。『第三の男』のキャロル・リードが、『真昼の決闘』のカール・フォアマンの脚本を得て描いた豪華キャストによるドラマ。
(c)1958, renewed 1986 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.