株式会社ディスク・ロード

 

<連発銃は知っている>GUN GLORY

品番:1000744344
制作年:1957
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:洋画アクション
収録時間:89
発売日:2019/10/7
画面サイズ16:9 スコープ(カラー)
音声仕様:英語(モノラル)
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:ロイ・ローランド 製作:ニコラス・ネイファック 原作:フィリップ・ヨーダン 脚本:ウィリアム・ルドウィグ 撮影:ハロルド・J・マーゾラティ 音楽:ジェフ・アレクサンダー
キャスト
出演:スチュワート・グレンジャー、ジェームズ・グレゴリー、ロンダ・フレミング、チル・ウィルス、メイ・マカヴォイ


解説
故郷に帰ってきた父と母を亡くした息子の葛藤と成長を描くヒューマン・タッチの西部劇

妻子を捨てて放浪の旅に出ていたトム・アーリー(スチュワート・グレンジャー)が故郷の農場に帰ってきた。しかし、時すでに遅く、妻のアリスは病気で亡くなった後だった。息子は彼に冷たかった。町の人々、とりわけ雑貨店のサムは「人殺し」「詐欺師」という噂の、アーリーの過去にこだわって、冷たい態度を取っていた。息子もその噂を耳にしていたのだ。本当のところは決闘でやむなく殺したに過ぎないし、詐欺師というのもポーカーで勝っただけのことだった。その話に尾ひれがつき、アーリーの悪い噂となっていたのだった。そんなある日、牛商人グリムゼルがやってきて、2万頭の牛を町へ通すと言ってきた。牛が通ると土地が荒れてしまう。町民たちとグリムゼルとの間で小競り合いが起きるが、その場に居合わせたアーリーは、グリムゼルの用心棒が銃を抜いたのを見て、一瞬速く抜き撃ち倒した。正当防衛であったにもかかわらずサムはアーリーを憎悪し、ののしった。そんなサムに嫌気が差した家政婦のジョー(ロンダ・フレミング)は、雑貨店を飛び出し、アーリーの農場で住み込みの家政婦として働くようになった。そしてついに牧師(チル・ウイリス)が放ったララミーへの使者がグリムゼルたちに撃ち殺される事件が起こった。町民たちは銃を持ち、反撃に出ようとするが逆に罠にはまってしまう。
『渡るべき多くの河』(55)のロイ・ローランド監督が、贖罪のために真面目に生きようとする流れ者と、その息子の成長を描く西部劇。主要人物たちの緻密な描写、ドラマティックな展開、脇役に至るまで俳優たちの好演にも支えられた知られざる秀作。

















Gun Glory (c) 1957 Turner Entertainment Co. All Rights Reserved.