株式会社ディスク・ロード

 

<質屋>THE PAWNBROKER

品番:DLDS0023
制作年:1964
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:洋画ドラマ
収録時間:116
発売日:2018/1/8
画面サイズ:16:9ビスタサイズ(モノクロ)
音声仕様:英語モノラル2ch
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:シドニー・ルメット 製作:エリー・ランドー 脚本:デヴィッド・フリードキン モートン・ファイン 撮影:ボリス・カウフマン 音楽:クインシー・ジョーンズ 

出演:ロッド・スタイガー、ジェラルディン・フィッツジェラルド、ブロック・ピータース、セルマ・オリヴァー、ジェイミー・サンチェス


解説
妻や子供を殺された恐怖の記憶と共に、自分の人間性をも圧殺しようとした、悲劇の男の物語。

ソル・ナザーマン(R・スタイガー)は、ニューヨークの貧民街で質屋を経営している。故郷ポーランドでは大学教授だったが、家族はナチの強制収容所に入れられ、苦しみの中で妻と子供は死んだ。妻の妹家族とともに今は暮らしているが、彼の心は冷たく冷え切り、孤独と収容所生活の忘れ得ない恐怖にさいなまれていた。死んだようなソルの店に、毎朝活気をもたらすのは助手のヘスース(J・サンチェス)だった。
プエルトリコ生まれの元気な若者の彼はソルを師と仰ぎ、いつか自分の店を持ちたいと願っていた。ソルの店は、金にひっ迫したうらぶれた者ばかりがやってくる。バーチフィールド(G・フィッツジェラルド)という社会福祉事業家もやって来た。ソルにも福祉活動への協力を要請に来たのだった。ある夜、スラム街のボスの使いから大金がもたらされた。実はソルの店はボスの資金の隠れ蓑だった。それを知ったヘスースは町で知り合ったチンピラにある計画を持ちかける。
ナチによる強制収容所での残虐行為を目の当たりにして、人間が信じられなくなり、大学教授からスラム街のボスの紐付き質屋に身を落とした男が、人間性を取り戻すまでの過程を描き、世界中で賞賛を呼んだ社会派ドラマの傑作。監督はニューヨーク派で知られ、「十二人の怒れる男」(57)「セルピコ」(73)の名匠シドニー・ルメット、主演は「夜の大捜査線」(67)「ロリ・マドンナ戦争」(73)の名優ロッド・スタイガー。





THE PAWNBROKER (c) 1965 MELANGE PICTURES.LLC. ALL RIGHTS RESERVED.