株式会社ディスク・ロード

 

<西部の旅がらす>SADDLE THE WIND

品番:1000649765
制作年:1973
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:西部劇
収録時間:84
発売日:2017/10/16
画面サイズ: 16:9スコープ
音声仕様:英語モノラル2ch
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:ロバート・パリッシュ 製作:アーマンド・ドイッチ 原作:トーマス・トンプソン  脚本:ロッド・サーリング 撮影:ジョージ・J・フォルシー 音楽:ジェフ・アレクサンダー
キャスト
ロバート・テイラー、ジョン・カサヴェテス、ドナルド・クリスプ、ジュリー・ロンドン、チャールズ・マックグロー、ローヤル・ダーノ

解説
西部を渡り歩いた拳銃渡世の旅がらす。
無法の弟を前に早撃ちの腕が鳴る!

デニーン(ドナルド・クリスプ)が開拓したカイオワ渓谷の放牧地。かつて早撃ちとして知られたスティーブ(ロバート・テイラー)は、デニーンから土地を買い、弟のトニー(ジョン・カサヴェテス)と牧場を経営していた。
町から戻ったトニーは、ジョーンという名の女(ジュリー・ロンドン)と新しい銃を持ち帰ってくる。そして銃を捨てたスティーブを自分が守ると言って、早撃ちの練習を重ねるのだった。12歳まで各地を転々としていたジョーンは、現状から抜け出したくて牧場にやってきたとスティーブに話す。
翌日、ジョーンを連れて町にやってきたトニーは、牧場をクビになったダラスと再会する。酒場に入ったトニーの前に、スティーブを探す流れ者の男が現れた。トニーは、男を挑発し、撃ち殺してしまう。デニーンは、次にトニーが決闘したら町から追放すると伝スティーブに伝える。
ジョーンを連れて牧場へ戻る途中、農民の一団を見かけたスティーブは、彼らに声をかける。リーダーのクレイは、20年前に土地を捨てた男の息子だった。食い詰めて仲間の半分を失ったクレイたちは、最後の寄る辺としてここにやって来たのだった。
スティーブが去った後、酔っ払ったトニーとダラスが、クレイをいたぶり、馬車に火をかけてしまう。
デニーンは、クレイの主張を聞き入れ、土地の周囲に鉄条網を張ることを認めた。それを知ったトニーは、朝、町でクレイを待ち伏せ、スティーブが止めるのも聞かずにクレイを撃ち殺してしまう。もはや町の無法者となった弟を倒すため、スティーブは捨てたはずの銃を再び手にするする・・・。
若き日のジョン・カサヴェテスが気性の激しい弟を演じ、共演したジュリー・ロンドンが主題歌も担当した。



Saddle the Wind (c) 1958, Supplementary Material Compilation (c) 2008 Turner Entertainment Co. Package Design (c) 2017 Turner Entertainment Co. and Warner Bros. Entertainment Inc. Distributed by Warner Bros. Home Entertainment. All rights reserved.