株式会社ディスク・ロード

 

<裸足のイサドラ>ISADORA

品番:DLDS0061
制作年:1968
制作国:イギリス
カラー:カラー
ジャンル:洋画ドラマ
収録時間:139
発売日:2018/4/2
画面サイズ:16:9ビスタサイズ
音声仕様:英語(2ch.モノラル)
字幕内容:日本語

スタッフ
監督:カレル・ライス 製作:ロベール・アキム レイモン・アキム 脚本:メルヴィン・ブラッグ クライヴ・エクストン 撮影:ラリー・パイザー 音楽:モーリス・ジャール

出演:ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ジェームズ・フォックス、ジェイソン・ロバーズ、ジョン・フレイザー、ベッシー・ラヴ、シンシア・ハリス、イヴァン・チェコ


解説
永遠の愛と真実の恋を哀しくも美しく謳いあげた感動の秀作--
天才舞踏家イサドラ・ダンカンの波乱に満ちた人生を描く。

イサドラ・ダンカン(V・レッドグレイヴ)は12歳の誕生日に芸術と美に身を捧げ、一生独身を貫くことを誓った。貧しいが天賦の才能を発揮し、ダンサーとして生活費を稼げるほどになった頃、家族とともにアメリカからロンドンに移住した。イサドラはトウ・シューズを履かず大胆で繊細かつ野性的なダンスを生み出し、天才舞踏家としての才能を開花させてゆく。そして若く才能のある舞台美術デザイナーのエドワード(J・フォックス)と知り合い恋に落ち、娘を産むが二人は破局。しかし自由奔放なイサドラは独創的なダンスを生み出す一方で、さらに恋愛遍歴を重ねていった。大富豪のバリス・シンガー(J・ロバーズ)に見初められるが、結婚することなく彼の息子を産む。さらにはピアニストのアルマン(C・デュバレー)とも恋をする。だが、愛する子供たちを事故で失ってからイサドラの人生は一変してしまった。そんな彼女を救ったのはソ連政府からの招待だった。彼女は古い世界に別れを告げ、新しい世界へ飛び込んでゆく。
モダンダンスの祖にして20世紀を代表する伝説のダンサー、イサドラ・ダンカンの激動の人生を描く。主演のヴァネッサ・レッドグレイヴは、本作で第22回カンヌ国際映画祭女優賞を受賞。モーリス・ジャールによる主題曲は様々なアーティストが取り上げてヒットした名曲である。





ISADORA (c) 1968 Universal Pictures Ltd. All Rights Reserved. TM & (c) 2017 UNIVERSAL STUDIOS. ALL RIGHTS RESERVED.