株式会社ディスク・ロード

 

<草原の野獣>GUNMAN'S WALK

品番:TMOD10702
制作年:1958
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:西部劇
収録時間:77
発売日:2017/3/27
画面サイズ:16:9シネスコ
音声仕様:英語モノラル2ch
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:フィル・カールソン 製作:フレッド・コールマー 原作:リック・ハードマン 脚本:フランク・ニュージェント  出演:ヴァン・ヘフリン、タブ・ハンター、キャスリン・グラント、ジェームズ・ダーレン、バート・コンヴィ
解説
拳銃に憑かれた若い血が命じる!
狙ったものは手段を選ばず奪う豹のような男!

未開の地を開拓し、大牧場主となったリー・ハケット(ヴァン・ヘフリン)には、エド(タブ・ハンター)とデイビー(ジェームズ・ダーレン)という二人の息子がいた。既に拳銃を所持することは違法とされているにも関わらず、リーは息子たちに銃を持たせ、自分のような勇敢な男に育てようとしていた。
兄のエドは、銃の腕はあるものの差別的で粗暴、弟のデイビーは争いを好まぬ心優しい青年だった。ある日二人は馬を移送するため、町に人手を探しにやってくる。そこにいたスー族との混血児ポールと他2名のインディアンを雇い入れる。ポールには美しい妹のクリー(キャスリン・グラント)がいて、デイビーは彼女に心惹かれてしまう。
移送中に美しい野生の白馬を見つけたエドとポールは争うように追っていたが、エドが進路を譲らず、ポールが崖下に落下して絶命してしまう。
リーはデイビーに金を持たせクリーの元にやる。町に着いたリーたちが酒場で大盤振る舞いをしている様をシーバーツという男が抜け目なく見ていた。
クリーは、ポールを殺したとしてエドを告訴する。エドが殺人罪で起訴されそうになったところ、シーバーツが新たの証人として、エドはポールを押していなかったと証言する。
シーバーツはリーから馬10頭を譲り受け、町を出ようとするが、その中に白馬がいることを知ったエドは銃を抜いたシーバーツを撃ってしまう・・・
時代が変わりゆくことを自覚しながらも、息子たちには自分と同じような男になってほしいと願った父の苦悩を、『シェーン』『決断の3時10分』のヴァン・ヘフリンが演じた異色西部劇。

(c)1958, renewed 1986 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.