株式会社ディスク・ロード

 

<画家とモデル>ARTISTS AND MODELS

品番:DLDS0078
制作年:1955
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:洋画ドラマ
収録時間:109
発売日:2019/2/4
画面サイズ:16:9 ビスタサイズ
音声仕様:英語(2chモノラル)
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:フランク・タシュリン 製作:ハル・B・ウォリス 原作:マイケル・デヴィッドソン、ノーマン・レッシング 脚本:フランク・タシュリン、ハル・カンター、ハーバート・ベイカー 撮影:ダニエル・L・ファップ 音楽:ウォルター・シャーフ
キャスト
出演:ディーン・マーティン、ジェリー・ルイス、ドロシー・マローン、シャーリー・マクレーン、アニタ・エクバーグ、エディ・メイホフ、ジャック・イーラム、エヴァ・ガボール


解説
8頭身9頭身のモデル軍と底抜けコンビの桃色合戦
ストーリーとギャグと珍演技と三拍子そろったマーティン=ルイス喜劇の傑作

リック(D・マーティン)とユージン(J・ルイス)は子供の頃からの仲良しで、アパートに同居している。リックは画家志望で、ユージンは絵本作家になるのが夢だった。ところが、リックはユージンのおかげでいつも仕事をしくじり、どこに勤めても長続きしなかった。ユージンは少々足りない上に、漫画の読み過ぎで頭がおかしくなっているのだ。ある晩のこと、ユージンはスリラー漫画の夢でうなされて突然大声で叫び始めた。その声があまりに大きいので、同じアパートの女流漫画家のアビー(D・マローン)と同居人のベッシー(S・マクレーン)が管理人に苦情を入れた。アビーはベッシーをモデルにしてスリラー漫画を描いていたが、謝りにきたユージンはベッシーが「バットレディ」の扮装しているのを見て、本物の「バットレディ」が現れたと思い込み、驚いて逃げかえってしまった。
『底抜け』シリーズで一世を風靡した名コンビ、ディーン・マーティンとジェリー・ルイスの楽しい1本。ブロードウェイの名作ミュージカルを、マーティン=ルイス喜劇に相応しいストーリーに書き直し、製作陣が腕によりをかけたギャグが豊富に取り入れられている。原作が名舞台劇であるうえに、奇抜な着想、スピードある運び、明るいお色気でさらに魅力を加え、マーティン=ルイス喜劇の中でもとくに優れた大作になっている。














(c)2018 Paramount Pictures.