株式会社ディスク・ロード

 

<決断>THE HANGMAN

品番:DLDS0025
制作年:1958
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:西部劇
収録時間:86
発売日:2018/1/15
画面サイズ:1920×1080i FULL HD(オリジナル:ビスタサイズ)(モノクロ)
音声仕様:英語(2ch.モノラル)
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:マイケル・カーティス 製作:フランク・フリーマン・Jr 原作:ルーク・ショート 脚本:ダドリー・ニコルズ 撮影:ロイヤル・グリッグス 音楽:ハリー・サックマン
キャスト
出演:ロバート・テイラー、ティナ・ルイーズ、フェス・パーカー、ジャック・ロード、ミッキー・ショーネシー、シャーリー・ハーマー
 

解説
強盗・殺人犯の男を捕えた保安官を待っていたものは意外に冷たい町民の眼!
法と人情の中に立って決断に苦しむ正義の保安官の物語!

“ハングマン(死刑執行人)”の異名を持つ連邦保安官補ボバード(R・テイラー)は、いったん犯人探し出すと捕えるまではどんなことがあろうとも決して諦めない男だった。
ボバートが探している逃亡犯の一人にジョニー・バタフィールドという男がいた。強盗殺人犯の一人で、ノース・クリークの町に隠れているという情報があった。 ジョニーの仲間はすでに処刑されており、ただ一人生き残っている共犯者も近いうちに処刑されることになっていた。この男が死ぬと有罪を説明する者がいなくなるので、一日も早くジョニーを探し出さなければならないのだった。 ボバードは町に向かう前に、ジョニーを良く知る若い未亡人がいることを耳にした。シーラ(T・ルイーズ)といい、基地の洗濯場で貧しい暮らしをしていたが、そのへんではひときわ眼に立つ美しい女だった。バタフィールドの顔を知らなかったボバードは、シーラを訪れ、ノース・クリークまで同行を求めるが・・・。
永遠の二枚目と呼ばれ、一段と渋さを増した頃のロバート・テイラーがMGMとの長期専属契約を解消し、フリーとなってはじめて出演した異色西部劇。「カサブランカ」(42)で知られるマイケル・カーティス監督をはじめ、スタッフは一流どころが集結している。共演は当時新進のグラマー女優として売り出し中だったティナ・ルイーズ。




COPYRIGHT (c) 1956 BY PARAMOUNT PICTURES CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.