株式会社ディスク・ロード

 

<暴力教室>BLACKBOARD JUNGLE

品番:1000647791
制作年:1955
制作国:アメリカ
カラー:モノクロ
ジャンル:ドラマ
収録時間:101
発売日:2017/9/25
画面サイズ:16:9ビスタ
音声仕様:英語モノラル2ch
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:リチャード・ブルックス 原作:エヴァン・ハンタ 音楽:チャールズ・ウォルコット
キャスト
グレン・フォード、アン・フランシス、ルイス・カルハーン、ヴィク・モロー、シドニー・ポワチエ
解説
“ロック・アラウンド・ザ・クロック”をバックに、戦後の青少年の暴力を描く異色作。

海軍を退役し、国語教師の資格を取得したリック・ダディエ(グレン・フォード)は、複雑な背景を抱える生徒が通うノース・マニュエル高校に職を得る。妊娠中の妻アン(アン・フランシス)は、以前流産していることもあり、生活の安定を誰よりも喜んでくれた。しかし、張り切って出勤した彼を待っていたのは、想像を超える無秩序と無気力、そして憎しみだった。
ある日、同僚の女教師ハモンドが一人の生徒に襲われたところを助けたことで、リックはより生徒たちの反感を買ってしまう。中でもリーダー格のアーティ(ヴィク・モロー)と黒人生徒のウェスト(シドニー・ポワチエ)が反抗的だった。
リックは同僚と酒を飲んだ帰途、複数の生徒に襲われケガを負う。アンに学校には戻らないよう請願されたリックは、恩師の元を訪ね、そこで何故教師になろうと思ったのか?と問われる。教師は若者の心を形成する創造的な職業だ、初心を取り戻したリックは、学校に戻ることを決意する。
リックはアニメ映画を使った授業などで、無気力だった生徒たちの間に少しずつやる気を引き出していったが、家にいるアンに「旦那が浮気している」という手紙が届き、さらには電話までかかってくるようになっていた・・・。
エヴァン・ハンターの小説「ブラックボード・ジャングル」を『雨の朝巴里に死す』のリチャード・ブルックスが脚色、監督、若き日のヴィク・モローやシドニー・ポワチエが生徒役を好演した。


(c)1955, Supplementary Material Compilation (c) 2005 Turner Entertainment Co.