株式会社ディスク・ロード

 

<新・ガンヒルの決斗>SHOOT OUT

品番:DLDS0101
制作年:1971
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:西部劇
収録時間:94
発売日:2020/4/27
画面サイズ1920×1080 FULL HD(オリジナル:ビスタサイズ、カラー)
音声仕様:英語
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:ヘンリー・ハサウェイ 製作:ハル・B・ウォリス 原作:ウィル・ジェームズ 脚本:マーガリット・ロバーツ 撮影:アール・ラス 編集:アーチー・マーシェク 音楽:デイヴ・グルーシン
キャスト
出演: グレゴリー・ペック、ドーン・リン、パット・クイン、スーザン・ティレル、ジェフ・コーリイ、リタ・ガム、ロバート・F・ライオンズ、ジェームズ・グレゴリー


解説
荒涼の大西部に炸裂する男の復讐!壮絶なアクション!再びめぐり逢うガンヒルの決闘!

クレイ・ロマックス(グレゴリー・ペック)は銀行強盗で7年の刑を終えて出所した。そして自分を裏切った元相棒のサム・フォリー(ジェームズ・グレゴリー)への復讐を果たすことを胸に誓い、ウィードの町でサムの居所を聞き出すことにした。 ガンヒルの町で過去を隠し、裕福な暮らしをしていたサムはクレイが出所した事を耳にし、ボビー・ジェイ(ロバート・F・リオンズ)ら3人組の殺し屋を雇い、殺さずにクレイの行動を監視するよう命じた。酒場に現れたボビーたちはクレイにいやがらせを始めた。だが、あっさりとクレイにいなされボビーは怒り狂う。クレイが出かけた後、ボビーははずみで酒場の店主を撃ち殺してしまい、酒場の女アルマ(スーザン・ティレル)を引き連れて逃げた。
その頃、昔の女に預けていた資金がクレイの元に送られてきた。だが、女は現れず、やってきたのは6才の女の子デッキー(ドーン・リン)だけ。母親は旅の途中で亡くなり、クレイはデッキーの保護者に指定されていた。あちこちの預け先に断られてしまったクレイはデッキーを連れて酒場に戻る。そして店主が死ぬ間際、サムはガンヒルにいると言い残したことを聞く。
名プロデューサー、ハル・B・ウォリスが製作、娯楽映画で辣腕を振るったヘンリー・ハサウェイ監督の異色西部劇。ガンマンと少女の交流、殺し屋とのサスペンスに息詰まる緊迫感が見どころ。グレゴリー・ペックがいぶし銀の演技を見せるほか、脇役陣も好演している。



※マスターに起因するお見苦しい点がございます。あらかじめご了承ください。


















(c) 1971 Universal Studios. All Rights Reserved. Layout and Design (c) 2020 Universal Studios. All Rights Reserved.