株式会社ディスク・ロード

 

<恋>THE GO-BETWEEN

品番:TMOD10715
制作年:1971
制作国:イギリス
カラー:カラー
ジャンル:ドラマ/ロマンス
収録時間:116
発売日:2017/10/30
画面サイズ:16:9ビスタ
音声仕様:英語モノラル2ch
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:ジョセフ・ロージー 製作:ジョン・ヘイマン 原作:L・P・ハートレイ 脚本:ハロルド・ピンター 撮影:ジェリー・フィッシャー 音楽:ミシェル・ルグラン
キャスト
ジュリー・クリスティ、アラン・ベイツ、ドミニク・ガード、マイケル・レッドグレーヴ、マーガレット・レイトン、エドワード・フォックス、マイケル・ガフ

解説
大人の愛をかいま見たとき、少年の淡い恋心は痛みに変わった。
第24回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。

イングランド東部ノーフォーク州。上流階級の友人マーカスの広大な屋敷でひと夏を過ごすことになったレオ(ドミニク・ガード)。もうすぐ13才になる彼は屋敷に住む年上の美しいひとり娘マリアン(ジュリー・クリスティー)に淡い恋心を抱く。
ある日友だちと川へ水浴びに行ったとき、小作人のテッド(アラン・ベイツ)の姿を見た。だが、彼は屋敷の人間に気づくと慌てて姿を消した。
帰り道、レオはマリアンにテッドのことを尋ねると「前に会ったかもしれない」と返答した。ある日戦争で頬に深い傷を負ったトリミンガム子爵(エドワード・フォックス)が屋敷を訪れた。
実はマリアンはこのトリミンガムと婚約を交わしていたが、まだレオはそのことを知らなかった。マーカスがはしかにかかり、遊べなくなったレオは一人で広大な敷地で遊んでいるうちに足を怪我する。だがレオを見つけたテッドが手当をしてくれた。そしてこれをきっかけにレオはマリアン宛の手紙を託される。こうしてテッドとマリアンの秘密の手紙の配達役となったが、ある日その手紙を盗み読みする。
身分違いの男と女の密通の幼い少年が心に負った生涯癒えることのない傷を、「召使」(63)「できごと」(69)のジョセフ・ロージー監督が描く。第24回カンヌ国際映画祭パルムドールほか多数の賞を受賞。



(c) 1971 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.