株式会社ディスク・ロード

 

<寒い国から帰ったスパイ>THE SPY WHO CAME IN FROM THE COLD

品番:DLDS0080
制作年:1965
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:洋画ドラマ
収録時間:112
発売日:2018/12/10
画面サイズ:16:9 ビスタサイズ(モノクロ)
音声仕様:英語(2chモノラル)
字幕内容:日本語
スタッフ
監督・製作:マーティン・リット 原作:ジョン・ル・カレ 脚本:ポール・デーン、ガイ・トロスパー 撮影:オズワルド・モリス 音楽:ソル・カプラン
キャスト
出演:リチャード・バートン、クレア・ブルーム、オスカー・ウェルナー、ペーター・ヴァン・アイク、シリル・キューザック ウォルター・ゴテル、サム・ワナメイカー


解説
本格的スパイ映画の決定版!第一級のサスペンス!第一級の名演技!第一級のどんでん返し!

数多くの英国諜報員の命が、東ドイツ情報部の高官ムントによって奪われた。イギリス諜報機関のベルリン支部を統括するアレックス・リーマス(R・バートン)は、ロンドンに呼び戻され、管理官から左遷を言い渡される。諜報部を辞めたリーマスは酒浸りとなり、職業安定所の紹介で小さな図書館の司書助手の仕事に就いた。そこで働く共産党員のナンと知り合い、やがて愛しあう仲になった。ある日リーマスは食料品店でトラブルを起こし、投獄されてしまう。出所したリーマスに東ドイツの工作員が声をかけてきた。リーマスが知る英国諜報機関の情報に金を払うという。その日の夜、クラブで会う約束をすると、リーマスはあるアパートへ向かった。そこはスマイリーという男の家で、中には管理官もいた。管理官はリーマスに、ムントを有罪へと導く証人となる任務を与えた。彼は工作員と会い、ムントと敵対するフィードラーの元へ送られ、尋問を受ける。そしてムントが英国のスパイである証拠を匂わせる情報を提供し、ムントを裏切り者に仕立て上げていく。フィードラーは筋書通り、リームスを証人として査問会でムントを告発するが・・・。
社会派エンターテイメントの名匠マーティン・リット監督が重厚に描くスパイ・スリラーの秀作。原作はジョン・ル・カレのベストセラー。1966年度英国アカデミー賞作品賞(国内)、男優賞、撮影賞(モノクロ)、美術賞受賞。














(c) 2018 Paramount Pictures.