株式会社ディスク・ロード

 

<太陽の誘惑>I DELFINI

品番:DLDS0063
制作年:1960
制作国:イタリア
カラー:カラー
ジャンル:洋画ドラマ
収録時間:105
発売日:2019/4/22
画面サイズ16:9 ビスタ(モノクロ)
音声仕様:イタリア語(2chモノラル)
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:フランチェスコ・マゼッリ 製作:フランコ・クリスタルディ 脚本:エンニオ・デ・コンチーニ フランチェスコ・マゼッリ アジェオ・サヴィオーリ アルベルト・モラヴィア 撮影:ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ 音楽:ジョヴァンニ・フスコ
キャスト
出演:クラウディア・カルディナーレ、ジェラール・ブラン、アンナ・マリア・フェレーロ、アントネッラ・ルアルディ


解説
若者よ、厚き伝統の壁を突き破れ!イタリア映画界最高のキャストで描く現代青春の裸像!

イタリアのある町。伝統的な上流社会の伯爵や実業家を親に持つ若き御曹司たちは、「王位継承者(ドーファン)」と呼ばれ、高級車を乗り回して遊び呆け、酒と女に明け暮れる無気力な生活を送っていた。ある夜、彼らはクラブで騒いだ後、女伯爵のケレ(B・ブレア)の邸宅に集まった。そこで実業家の息子のアンセルモ(G・ブラン)の恋人マリーナ(A・マリア・フェレーロ)が、過度の飲酒で錯乱してしまい、医師のマリオ(S・ファントーニ)が呼ばれた。マリオは、母と二人暮らしの娘フェドラ(C・カルディナーレ)のアパートを間借りしている新任の夜勤医師だった。マリーナは重症で、マリオは施設に入れて療養することを勧めた。これがきっかけでマリオはフェドラと同伴で、ドーファンたちのパーティに招かれた。貧しい暮らしのフェドラは上流社会に憧れを感じたが、マリオは性が合わなかった。ドーファンの一人、侯爵の息子で好色なアルベルト(T・ミリアン)はフェドラの美しさに目をつけ、あっという間に唇を奪った。こうしてフェドラは彼らのグループに加わったが、密かにフェドラを愛していたマリオは落胆し、アパートを出て行った。やがてフェドラもアルベルトの身勝手さに不信感を抱き始める。
1960年頃のイタリアの地方都市における、上流階級の若者たちの自堕落な生態を辛辣に描く。原題は仏皇太子の称号に由来する言葉で、「王位継承者たち」の意味。イタリア映画界の至宝、撮影当時22歳のクラウディア・カルディナーレが清楚な美しさをみせる。
















(c)Cristaldi Film