株式会社ディスク・ロード

 

<大いなる砲火>THE LONG RIDE HOME

品番:TMOD10706
制作年:1967
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:西部劇
収録時間:88
発売日:2017/7/18
画面サイズ:16:9ビスタ(4:3のオリジナル映像にサイドパネルを付け、16:9で収録しています)
音声仕様:英語モノラル2ch
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:フィル・カールソン 製作:ハリー・ジョー・ブラウン 脚本:ハルステッド・ウェルズ  撮影:ケネス・ピーチ 音楽:ヴァン・アレクサンダー 出演:ダグレン・フォード、ジョージ・ハミルトン、インガー・スティーヴンス、ポール・ピーターセン、ハリー・ディーン・スタントン、ハリソン・フォード
解説
地獄の底まで追いつめて血祭りに上げてやる!
南北戦争末期、脱走した南軍兵士と彼らを追う北軍兵士の死闘を描く。

1865年、南北戦争末期。ユタ州南境には北軍のホークス砦があり、そこに南軍兵士が収容されていた。脱走に失敗した南軍兵の反抗的な態度に腹を立てた司令官は、黒人の当番兵に銃殺を命じる。
その凄惨な様を目撃していた看護師のエミリー(インガー・スティーヴンス)は、かつての婚約者で北軍のウォルコット少佐(グレン・フォード)に言われ、マーシー砦へと出発する。
南軍のベントリーー大尉(ジョージ・ハミルトン)は、ウォルコットから終戦は近いと聞くも、それを信じず、部下を連れて脱走を図る。 夜陰に乗じて砦を抜けた大尉と部下たちは、川を避けていたエミリーたちの馬車と護衛兵を襲い、馬を奪う。隙を見て逃げ出そうとしたエミリーだったが、ベントリーの馬に乗せられ、同行を強要される。
一方、司令官は脱走を見逃すべき、というウォルコットの進言を受け入れず、追跡を命じる。メキシコ国境に近い酒場には、北軍の伝令がいたが、南軍兵が射殺、大尉は伝令が持っていた文書から終戦を知るが、部下たちには告げず国境へと進ませる。北軍への憎しみをウォルコット個人への憎悪に転換したベントリーは、エミリーに終戦を告げ、その身体を蹂躙する。やがて、追いついたウォルコットにエミリーは、ベントリーを殺してと懇願する・・・
南北戦争末期を舞台に、憎しみに支配された男とその道連れとなる南軍兵士、追跡する北軍兵士たちの死闘を苦い後味で描く。

(c)1967, renewed 1996 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.