株式会社ディスク・ロード

 

<地下室の魔物>DON'T BE AFRAID OF THE DARK

品番:1000693152
制作年:1973
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:ホラー
収録時間:74
発売日:2017/9/4
画面サイズ:16:9ビスタ(4:3で作成された映像にサイドパネルを付け16:9で収録しております)
音声仕様:英語モノラル2ch
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:ジョン・ニューランド 製作:アレン・S・エプスタイン 製作総指揮:リー・リッチ  脚本:ナイジェル・マッキーンド 撮影:アンドリュー・ジャクソン 音楽:ビリー・ゴールデンバーグ 
出演:キム・ダービー、ジム・ハットン、ペドロ・アルメンダリス・Jr、バーバラ・アンダーソン、ウィリアム・デマレスト
解説
この家に私を呼ぶ何かがいる・・・
封印された暖炉を開くと恐怖が待ち受けていた。
祖母の残した古い屋敷に引っ越してきたアレックス(ジム・ハットン)とサリー(キム・ダービー)のファーナム夫妻。サリーが業者を呼んで改装の打ち合わせしている時、地下室でレンガで塞がれている暖炉を見つける。作業をしていた大工のハリス(ウィリアム・デマレスト)は、20年前、サリーの祖母に頼まれて自分が塞いだとサリーに話し、決して開けないように忠告する。
好奇心からボルトを外し、中を覗き込んだサリーだったがそこには何もなかった。しかし、その日から何かが動き回るような物音がし、触ってもいなかった灰皿がいきなり割れるなど不可解な現象が起こるようになる。
アレックスの上司たちを招いたパーティの場で、ナプキンを取るとそこには、皺だらけの不気味な顔をした小人がいた。そしてサリーがシャワーを浴びていると浴室の電気が消され、カーテンを開けるとカミソリを手にした小人たちが逃げ出していった。家を売りたいと訴えるサリーを残し、アレックスは出張にでかける。
翌日、ロープを張っていた小人たちにより、改装業者が階段を踏み外し、死んでしまう。ショックを受けたサリーが睡眠薬によって朦朧となっていると、小人たちが現れ、サリーを地下室に引きずり込もうとする・・・
観た者にトラウマを与えた幻のホラー作品。ダークサイドに狙われる主人公を『いちご白書』のキム・ダービーが演じた。

※本作品の映像は、4:3で作成された映像にサイドパネルを付け16:9で収録しております。


(c)1973/RENEWED(c)2001 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.