株式会社ディスク・ロード

 

<向う見ずの男>FROM HELL TO TEXAS

品番:DLDM012
制作年:1958
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:西部劇
収録時間:100
発売日:2016/11/28
画面サイズ:4:3 レターボックス
音声仕様:英語
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:ヘンリー・ハサウェイ 原作:チャールズ・O・ロック 脚本:ロバート・バックナー/ウェンデル・メイズ 音楽:ダニエル・アンフィシアトロフ  出演:ドン・マレー、ダイアン・バーシ、チル・ウィルス、デニス・ホッパー
解説
荒漠なる原野に相撃つ必殺の拳銃!
心優しき銃の名手がならず者一家に挑む!

ソコロにいるという父を捜す旅の途中で、ボイド家の息子ショーティとトラブルになったトッド・ローマン(D・マレー)。ショーティが倒れた場所にナイフがあったため、彼は絶命、ボイド家の息子オーティスとトム(D・ホッパー)が手下を連れて、トッドを追っていた。
野生の馬をけしかけて追跡を逃れる際に、オーティスが馬に踏まれ重傷を負う。トムを目にも止まらぬ早撃ちで撃退したトッドだったが、馬を失い、荒野をさまよっている中、ブラッドリー(C・ウィルス)と娘のニータ(D・バーシ)に助けられる。
ボイド家の誰もできれば殺したくない、と述べるトッドに男勝りのニータは、戦いが怖いのか?と問いかけるが死んだ母の教えを守りたいと答える。
夜が明けて出発しようとした彼らの前に、ボイド家の父親ハンターと腕利きの相棒カーモディ、トムたちが姿を現す。馬と正午までの時間を与え、トッドを逃がしたハンターたちは三方に分かれて、追跡を開始する。
岩陰に隠れて待ち伏せしていたカーモディを倒し、丁寧に埋葬したトッドは、商人のレファートフィンガーの馬車に乗り、コマンチ族の領地を通り、ソコロを目指すが、ボイド家の手下二人が待ち伏せしているところにコマンチ族が襲撃をしかけてくる。
早撃ち、荒野を疾走する馬車を使ったアクション、そしてトッドとニータのロマンスと意外なラスト。『西部開拓史』のヘンリー・ハサウェイが、『バス停留所』のドン・マレーを主演におくる娯楽西部劇。
(c)FROM HELL TO TEXAS (c)1958 Twentieth Century Fox Film Corporation.
Renewed (c)1986 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved.