株式会社ディスク・ロード

 

<反撃の銃弾>THE TALL T

品番:TMOD10576
制作年:1957
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:西部劇
収録時間:78
発売日:2016/10/24
画面サイズ:16:9 ビスタ
音声仕様:英語
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:バッド・ベティカー 製作:ハリー・ジョー・ブラウン 原作:エルモア・レナード 脚本:バート・ケネディ 音楽:ミッシャ・バカライニコフ  出演:ランドルフ・スコット、リチャード・ブーン、モーリン・オサリヴァン、ヘンリー・シルヴァ、スキップ・ホメイヤー
解説
六つの目と四つの銃口にたった一人敢然と立ち向った男!
大西部劇の魅力爆発!

ササビで一人牧場を営むパット(R・スコット)は、種牛を手に入れるため、かつての雇い主のいる町まで行く途中の駅に立ち寄る。そこでは、ハンクと息子のジェフが二人で暮らしていた。
ジェフに頼まれたキャンディーは買えたもののパットは自分の馬を賭けての勝負に負け、鞍だけを背負い、牧場までの帰途に着く。途中、鉱山主の行き遅れた娘、ドレッタ(M・オサリヴァン)と結婚したウィラードが仕立てた馬車に乗り込むが、駅にはハンクもジェフの姿もなかった。
様子をうかがっていると三人の男が姿を現し、御者を撃ち殺してしまう。アッシャー(R・ブーン)をリーダーとする男たちは、ハンクとジェフを殺して井戸に投げ込み、5時に着く定期便を待ち伏せしていたのだった。
ウィラードは、自分の妻が富豪の娘であることを告げ、身代金を払うと命乞いをする。アッシャーは部下の一人ビリーをつけ、ウィラードを町に向かわせる。やがて戻ってきたウィラードは、ドレッタの父親との取引が成立したと伝える。アッシャーはウィラードに戻るかそれともここに残るかを選ばせる。ドレッタに会おうともせず、馬に乗ったウィラードは、後ろからアッシャーの部下チンクに撃たれてしまう。
目の前で夫を殺されたドレッタを、パットは協力して逃げ出すチャンスを待つんだ、と力づける。そして、アッシャーが身代金の受渡しに出かけ、ビリーも後を追った隙にパットはチンクと対峙する。
『決断の3時10分』のエルモア・レナードの原作を、バート・ケネディ脚本、バット・ベティカー監督のコンビでおくる「ラナウン・サイクル」の一本。
(c)1957, renewed 1985 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.