株式会社ディスク・ロード

 

<千の顔を持つ男>MAN OF A THOUSAND FACES

品番:DLDM131
制作年:1957
制作国:アメリカ
カラー:モノクロ
ジャンル:伝記
収録時間:99
発売日:2020/1/27
画面サイズ:16:9スコープサイズ
音声仕様:英語モノラル2ch
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:ジョセフ・ペヴニー 製作:ロバート・アラン・アーサー 原案:ラルフ・ウィールライト 脚本:R・ライト・キャンベル、アイヴァン・ゴッフ、ベン・ロバーツ 撮影:ラッセル・メティ 音楽:ジョセフ・ガーシェンソン、フランク・スキナー
出演:ジェームズ・キャグニー、ドロシー・マローン、ジェーン・グリア、マージョリー・ランボー、ジム・バッカス、スナブ・ポラード、ジーン・キャグニー、ロバート・エヴァンス、ジャック・アルバートソン

解説
あふれる感激!崇高な父の愛情!ハリウッドが生んだ偉大なスター、ロン・チェイニーの人間としての喜びと苦しみを描いた不朽の名作!

雑誌の新人記者ケイティ(ジェーン・グリア)は、失踪した人気作家マイケル・ラティマー(リチャード・ウィドマーク)の行方を追ってメキパントマイム芸人のロン・チェイニー(ジェームズ・キャグニー)は同じ劇場で働く歌手のクリーヴァ(ドロシー・マローン)と恋仲になり結婚する。だがチェイニーの実家で初めて彼の両親に挨拶した時、クリーヴァは愕然としてしまう。チェイニーの両親は聾唖者だったのだ。自分以外の家族が皆手話で話をし、祈りを捧げているのを目の当たりにしたクリーヴァはいたたまれなくなった。
今までこのことを隠していたチェイニーへの恨みが芽生え、お腹の子にも遺伝するのではないかという恐怖心におののいた。やがて生まれた長男のクレイトンは健常者だった。だが次第に子育てに息苦しさを抱くようになったクリーヴァは、クレイトンをチェイニーに預けて舞台に復帰してしまう。
チェイニーは息子を仕事場の劇場に連れて行くようになり、コーラス・ガールのヘイゼル(ジェーン・グリア)がクレイトンの面倒を見てくれるようになった。
チェイニーはクリーヴァを家庭に戻そうとしたが、彼女は逆にロンとヘイゼルの仲を疑い、彼の舞台に飛び出して服毒自殺を図る。幸い命はとりとめたが、チェイニーはこの事件を機に舞台を去り、クリーヴァとも離婚した。そして裁判所の命令でクレイトンは養育院に引取られ、息子を取り戻すために、チェイニーは職を求めてハリウッドへと向かう。

※本作の字幕において、現在では不適切な言葉を用いておりますが、製作当時の時代背景や作品のテーマを考慮してあえてオリジナルに忠実に翻訳しておりますことを予めご了承ください。


(c)1957 Universal Studios. All Rights Reserved.
Layout and Design(c)2019 Universal Studios. All Rights Reserved.