株式会社ディスク・ロード

 

<六番目の男>BACKLASH

品番:DLDS0018
制作年:1955
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:西部劇
収録時間:85
発売日:2017/10/16
画面サイズ:1920×1080i FULL HD(オリジナル:ビスタサイズ)
音声仕様:英語モノラル2ch
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:ジョン・スタージェス 製作:アーロン・ローゼンバーグ 原作:フランク・グルーバー 脚本:ボーデン・チェイス  撮影:アーヴィング・グラスバーグ 音楽:ハーマン・スタイン
キャスト
リチャード・ウィドマーク、ドナ・リード、ウィリアム・キャンベル、ジョン・マッキンタイア
 
解説
殺さねばならぬ瞼の父の仇を求めて茨の道を渡り、殺し得ぬ仇に会った男の悲痛な物語!

白人旅行隊の5人がアパッチ族の襲撃を受けて殺害され、シルバー・シティの保安官らによって埋葬された。彼らがヒラ・バレーで得た6万ドルの金塊は何者かに奪われていた。犠牲者のうちの1人が父ではないかと現場を訪れたジム(リチャード・ウィドマーク)は、そこで同じく夫の死を確かめに来た美しい女性キャリル(ドナ・リード)と出会う。3人の身元は分かったが、残り2人は身元不明で、1人は左手が無く、また牧場主カーソン(バートン・マクレーン)の所有する馬が残されていただけであった。
裏切り者の6人目の手がかりを求めて二人はカーソンの牧場へ向かう。そこでカーソンから、左手の無い男が彼の甥だったことと、ボニウェルという男が時期を同じくして大金を武器に牧場を掠奪しているという話を聞いた。キャリルの夫かジムの父のいずれかが身元不明の遺体で、いずれかがボニウェルと名乗っている生き残りに違いなかった。ジムは単身ボニウェルの元へ向かうが・・・
。 ウエスタン作家フランク・グルーバーの原作を、「星のない男」(55)のボーデン・チェイスが脚色し、名匠ジョン・スタージェス監督が「日本人の勲章」(55)と同時期に監督したミステリー風西部劇の佳作が待望の初パッケージ化。「ゴーストタウンの決斗」(58)のリチャード・ウィドマークが父の仇を追い求めるヒーローを演じた。紅一点は「素晴らしき哉、人生!」(54)のドナ・リード。



BACKLASH (c) 1956Universal Studios, Renewed Universal Studios, All Rights Reserved.
TM & (c) 2017 UNIVERSAL STUDIOOS, ALL RIGHTS RESERVED.
DISTORIBUTED BY MERMAID FILM UNDER LICENCE FROM HOLLYWOOD CLASSICS INTERNATIONAL LTD.
ON BEHALF OF UNIVERSAL STUDIOS INTERNATIONAL.