株式会社ディスク・ロード

 

<メリー・ディア号の難破>THE WRECK OF THE MARY DEARE

品番:1000702025
制作年:1959
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:洋画アクション
収録時間:104
発売日:2017/11/20
画面サイズ:16:9スコープ
音声仕様:英語(モノラル)
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:マイケル・アンダーソン 製作:ジュリアン・ブロースタイン 原作:ハモンド・イネス 脚本:エリック・アンブラー 撮影:ジョセフ・ルッテンバーグ 音楽:ジョージ・ダニング
キャスト
ゲイリー・クーパー、チャールトン・ヘストン、マイケル・レッドグレーヴ、セシル・パーカー、ヴァージニア・マッケンナ、リチャード・ハリス


解説
ゲイリー・クーパー×チャールトン・ヘストン、二大スター競演!
難破した船の積荷をめぐる謎を追う海洋サスペンス!


船舶救助(サルベージ)船シー・ウィッチ号の船長、ジョン・サンズ(チャールトン・ヘストン)は、嵐の夜に火災を起こしている大型船、メリー・ディア号を発見する。サンズが乗り込むと乗組員の姿はなく、残っているのは一等航海士のパッチ(ゲイリー・クーパー)ただ一人だった。パッチは船長が死んだため、自分が現在の船長であり、無線は故障しているが船は放棄していないと告げる。
荒れた波でサルベージ船に戻ることができなかったサンズは、メリー・ディア号に残り、何とかエンジンを直そうとする。舵を取るパッチは、サンズの反対にもかかわらず「船の墓場」とされるマンキエ諸島へ向かおうとしていた。マンキエ諸島で座礁したメリー・ディア号を残し、二人は救命ボートに乗り込む。パッチは、サンズに海事裁判になるまで座礁した場所は口外しないよう頼み込み、サンズは不承不承それを受け入れる。
イギリスで始まった海事裁判の法廷で、パッチは、船のオーナーと航海士ヒギンズが、積荷を他の場所で降ろし、その上で船を沈没させ、保険金を騙し取ろうとしていると主張する。しかし、主張を裏付ける証拠はなく、死亡事故や傷害事件を起こしたパッチの過去が明らかにされてしまう。そこに、フランスのサルベージ船がメリー・ディア号を発見したとの知らせが入る。難破した船は簡単に沈めることができるため、このままでは証拠を消されてしまうと考えたパッチは、サンズを連れてマンキエ諸島へと向かう。
ゲイリー・クーパーとチャールトン・ヘストンが海に生きる誇り高い男を演じた海洋サスペンス。ハモンド・イネスの原作を『生きていた男』のマイケル・アンダーソンが監督、迫力ある海難シーンと共に積荷をめぐる謎をサスペンスフルに描き出す。




The Wreck of the Mary Deare (c) 1959 Turner Entertainment Co., Juklian Blastein Productions Inc. and Baroda Productions Inc.
Supplementary Material Compilation (c) 2017 Turner Entertainment Co. Package Design (c) 2017 Turner Entertainment Co.
and Warner Bros. Entertainment Inc. Distributed by Warner Bros. Home Entertainment. All rights reserved.