株式会社ディスク・ロード

 

<ミンクの手ざわり>THAT TOUCH OF MINK

品番:DLDS0084
制作年:1962
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:洋画ドラマ
収録時間:99
発売日:2019/3/11
画面サイズ:16:9 スコープサイズ
音声仕様:英語
字幕内容:日本語
スタッフ
監督: デルバート・マン  製作: スタンリー・シャピロ、マーティン・メルチャー  脚本: スタンリー・シャピロ、ネイト・モナスター  撮影: ラッセル・メティ  音楽: ジョージ・ダニング
キャスト
出演: ケーリー・グラント、ドリス・デイ、オードリー・メドウズ、ギグ・ヤング ジョン・アスティン、ディック・サージェント、ジョン・フィードラー


解説
イカしたケーリー・グラントに、おちゃめなドリス・デイのハッピー・コメディ

ある雨の朝、職探し中のキャシー(D・デイ)は、通りを歩いている時に車に泥水をかけられてしまった。カンカンに怒ったキャシーだったが、その車の主は投資会社の社長で、ハンサムで独身のフィリップ・シェイン(C・グラント)だった。フィリップは偶然向かいのビルに入っていくキャシーを見つけ、友人のロジャー(G・ヤング)にお金を渡して謝りに行かせるが、キャシーは本人が直接謝りにくるべきだと言って受け取りを突っぱねた。ロジャーはキャシーを連れて会社に引き換えし、フィリップと対面させる。するとさきほどの権幕はどこへやら、キャシーとフィリップは互いに一目惚れして意気投合してしまった。ちょうどその時煮詰まっていた取引が、キャシーの助言で成功をおさめたことをきっかけに、フィリップは彼女をボルチモア、フィラデルフィアでの取引に同行させた。キャシーを連れてマンハッタンにある建設中の大邸宅に戻ってきたフィリップは、そこで彼女をバミューダへの豪華な旅に誘うのだが・・・。
チャーミングな笑いで人気を振りまいたドリス・デイが、ケーリー・グラントを相手に意地っ張りな女の子を大熱演。古き良きアメリカン・ムードいっぱいのロマンティック・コメディ。
















(c) 2018 Paramount Pictures.