株式会社ディスク・ロード

 

<ペティコート作戦>OPERATION PETTICOAT

品番:DLDS0062
制作年:1959
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:洋画ドラマ
収録時間:120
発売日:2018/4/23
画面サイズ:16:9ビスタ
音声仕様:英語
字幕内容:日本語

スタッフ
監督:ブレイク・エドワーズ 製作:ロバート・アーサー 原案:ポール・キング/ジョセフ・ストーン 脚本:スタンリー・シャピロ/モーリス・リッチリン 撮影:ラッセル・ハーラン 特撮:クリフォード・スタイン 音楽:デヴィッド・ローズ 音楽監修:ジョセフ・ガーシェンソン
キャスト
出演:ケイリー・グラント、トニー・カーティス、ダイナ・メリル、ジーン・エヴァンス、アーサー・オコンネル、ジョーン・オブライエン




解説
ケイリー・グラントとトニー・カーティスの2大スターとブレイク・エドワーズ監督が贈る快作戦争コメディ!

潜水艦隊司令官シャーマン(ケイリー・グラント)は、廃船予定の潜水艦“シー・タイガー”を訪ね、自身が記した航海日誌を手に取り、初代艦長を務めた懐かしい想い出にふけっていた。“シー・タイガー”はフィリピン停留中に爆撃を受けてかなり損壊したものの、乗組員たちが結集して応急処置にあたったが資材不足に悩まされていた。そんなところに、ホールデン大尉(トニー・カーティス)が配属されてきた。彼は潜水艦の乗船経験はなく、海軍での仕事は専ら娯楽係だった。ところが彼はコソ泥の才能を発揮し、陸軍倉庫をはじめ、あちらこちらから不足資材をかすめ盗ってきた。そのおかげで“シー・タイガー”はなんとか出航することができた。その後潜航中に浸水を発見、一時避難と修理のためマリンドゥケ島に停泊した。シャーマンは足手まといのホールデンに邪魔されないよう、島の偵察に出した。するとホールデンは、島に取り残されていた5人の女性看護兵たちを救助してきた。彼女たちを乗船させたために艦内では珍騒動が巻き起こる。
『ティファニーで朝食を』(61)のブレイク・エドワーズ監督がその手腕を遺憾なく発揮したスマートでしゃれた戦争コメディの快作。終始困り顔のケイリー・グラントと、口八丁手八丁のトニー・カーティスの顔合わせも良く、見どころの多い楽しい1本だ。





(c)2018 Paramount Pictures. Licensed for private viewing only. Any other use prohibited.