株式会社ディスク・ロード

 

<デッドロック>FOOTSTEPS IN THE FOG

品番:TMOD10726
制作年:1955
制作国:イギリス
カラー:カラー
ジャンル:洋画ドラマ
収録時間:90
発売日:2018/5/28
画面サイズ: 16:9ビスタ
音声仕様:英語(モノラル)
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:アーサー・ルービン 製作:M・J・フランコヴィッチ/マックスウェル・セットン 原作:W・W・ジェイコブス 脚本:ドロシー・リード/レノア・コフィ 脚色:アーサー・ピアソン 撮影:クリストファー・チャリス 音楽:ベンジャミン・フランケル
キャスト
出演:スチュワート・グレンジャー、ジーン・シモンズ、フィンレイ・カリー、ビル・トラヴァース、ロナルド・スクワイア、ベリンダ・リー


解説
妻を毒殺した証拠は、若い女中に握られた!
しかし彼女が求めたのは男の愛だけだった・・・

胃腸炎で妻を亡くしたスティーブン(スチュワート・グレンジャー)。悲しみにくれる彼を実業家のトラヴァースと娘のエリザベス(ベリンダ・リー)、弁護士のデイヴィッド(ビル・トラヴァース)が屋敷まで送り届ける。一人になったスティーブンの顔に笑顔が浮かぶ。彼は、年上の妻に10年仕え、毒薬を使った殺したのだった。しかし、女中のリリー(ジーン・シモンズ)は、隠してあった薬が毒だと知っていた。 リリーは、召使い頭の身分を要求する。男女の関係となり、リリーを黙らせようとするスティーブンだったが、したたかなリリーは、真相を記した手紙を自分の姉に送っていた。
そんな折、トラヴァースの事業の共同経営者となったスティーブンは、エリザベスが自分との結婚を望んでいることを知る。リリーの存在が邪魔になったスティーブンは、霧の夜、外に出かけたリリーの後をつけ、頭に向かってステッキを思い切り振り下ろした。その現場を、酒場から出てきた男に目撃され、慌てて逃げ出すが途中でステッキをなくしてしまう。
ようやく屋敷に戻ってきたスティーブンが一息ついていると、ドアが開き、リリーが入ってくる。深い霧のせいでリリーと間違え、別の女性を殺してしまったのだった。逮捕されたスティーブンの弁護はデイヴィッドが担当、リリーの証言によってスティーブンは無罪を勝ち取る。 二度にわたる殺人の証拠を握られたスティーブンは、リリーを亡き者にしようとある計画を立てる。
当時結婚していたスチュワート・グレンジャー、ジーン・シモンズが心理的な葛藤を演じるサスペンス。自分を殺そうとしている男の愛を信じようとする女の微妙な心理を描き出す。






(c) 1955 renewed 1983 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.