株式会社ディスク・ロード

 

<サンタモニカの週末>DON'T MAKE WAVES

品番:1000711348
制作年:1967
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:洋画コメディ
収録時間:97
発売日:2018/4/23
画面サイズ: 16:9スコープ
音声仕様:英語(モノラル)
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:アレクサンダー・マッケンドリック 製作:ジョン・キャリー/マーティン・ランソホフ 原作:アイラ・ワラック 脚本:ジョージ・カーゴ/モーリス・リッチリン 撮影:フィリップ・H・ラスロップ 音楽:ヴィク・ミジー
キャスト
出演:トニー・カーティス、クラウディア・カルディナーレ、シャロン・テート、ジム・バッカス、ロバート・ウェッバー、ジョアンナ・バーンズ、デビッド・ドレイパー



解説
太陽とカルディナーレの魅力がいっぱい!
サンタモニカの海岸にくりひろげられる若さと美と躍動の世界!

自動車に全財産を詰め込み、旅をしていたカルロ(トニー・カーティス)。サンタモニカの海岸で絵を描いていたローラ(クラウディア・カルディナーレ)の不注意で事故に遭い、クルマが全焼してしまう。ローラの自動車保険で弁償してもらおうと、彼女の自宅へ向かうが、保険証書が見つからない。成り行きでローラの家に泊まることになったが、夜中にローラのパトロン、ロッド(ロバート・ウェッバー)が訪ねてきて、カルロは外に追い出されてしまった。翌朝、ビーチで泳いでいたカルロはサーフボードにぶつかって気絶、介抱してくれたビキニ美女のマリブ(シャロン・テート)に一目ぼれしてしまう。ローラは、カルロにロッドがプール設営会社の社長で、ロッドの妻が寝たきりで別れることができないため、6年も関係を続けていることを話す。エレベーターで乗り合わせたダイアン(ジョアンナ・バーンズ)がロッドの妻だと知ったカルロは、ロッドの会社にセールスマンとして潜り込むことに成功する。
一方、マリブと彼氏でボディ・ビルダーのハリー(デビッド・ドレイパー)を別れさせようと策をめぐらすカルロは、ダイアンに譲ってもらった自宅のプール開きで宣伝のため、マリブにプールめがけてスカイダイビングさせようとするが・・・ アイラ・ワラックの原作「マッスル・ビーチ」を映画化。シャロン・テートの健康的なビキニ姿とバーズによる主題歌が話題となったお色気たっぷりのコメディ。









Don't Make Waves (c) 1967 Turner Entertainment Co. Package Design (c) 2018 Turner Entertainment Co. and Warner Bros. Entertainment Inc. Distributed by Warner Home Video Inc. All rights reserved.