株式会社ディスク・ロード

 

<イタリア式離婚狂想曲>DIVORZIO ALL'ITARIANA

品番:DLDS0067
制作年:1961
制作国:イタリア
カラー:カラー
ジャンル:洋画ドラマ
収録時間:104
発売日:2019/5/24
画面サイズ16:9 ビスタサイズ(モノクロ)
音声仕様:イタリア語(2chモノラル)
字幕内容:日本語
スタッフ
監督: ピエトロ・ジェルミ  製作: フランコ・クリスタルディ 脚本: ピエトロ・ジェルミ  エンニオ・デ・コンチーニ  アルフレード・ジャンネッティ  撮影: レオニーダ・バルボーニ  音楽: カルロ・ルスティケリ
キャスト
出演: マルチェロ・マストロヤンニ  ダニエラ・ロッカ  ステファニア・サンドレッリ  レオポルド・トリエステ  オドアルド・スパダーロ  ランド・ブッツァンカ  ピエトル・トルディ  ウーゴ・トレンテ  ニーノ・カステルヌオーヴォ 


解説
離婚の方法教えます・・・全男性の期待と全女性の話題を集めて名匠が描く浮気必勝法!
第15回カンヌ映画祭最優秀喜劇映画賞、第35回アカデミー賞脚本賞受賞!

シチリアの没落貴族の末裔フェルディナンド(マルチェロ・マストロヤンニ)は12年連れ添った女房ロザリア(ダニエラ・ロッカ)に辟易としていた。彼は事あるごとに彼女が死ぬことを妄想する。離婚が禁じられているこの国では、妻が死なない限り別れられないのだ。そんなフェルディナンドは年甲斐もなく美しい従妹アンジェラ(ステファニア・サンドレッリ)に憧れを抱いていた。ある夜、フェルディナンドはアンジェラの日記を通じて、彼女もまた自分に恋心を抱いていると分かり有頂天となった。そして町の話題をさらったある裁判をきっかけに「妻の不倫を見て逆上し、名誉を汚され、憤りで死に至らせた者」は軽い刑で済むという法律があることを知った彼は、ロザリアに不貞を働かせて殺すため、適役の男を探し始める。
かつてイタリアの法律では「酌量すべき情状」とみなされていた名誉殺人を悪用し、口うるさい妻を殺害しようと目論む男を描いた風刺喜劇。監督ジェルミら三人の共同執筆による脚本(G.アルピーノの小説に基づく)は、オスカー脚本賞を受賞。また作品自体、カンヌ国際映画祭の最優秀喜劇賞を獲得し、国際的に高く評価された。マストロヤンニの喜劇演技も絶品。

















(c)Cristaldi Film