株式会社ディスク・ロード

 

<アメリカの戦慄>TRIAL

品番:1000729227
制作年:1955
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:洋画ドラマ
収録時間:109
発売日:2018/10/22
画面サイズ:16:9ビスタ(モノクロ)
音声仕様:英語(モノラル)
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:マーク・ロブソン 製作:チャールズ・シュニー 原作・脚本:ドン・M・マンキウィッツ 撮影:ロバート・サーティース 音楽:ダニエル・アンフィシアトロフ
キャスト
出演:グレン・フォード、アーサー・ケネディ、ドロシー・マクガイア、ジョン・ホディアク、ケティ・フラド、ラファエル・キャンポス


解説
アメリカの内幕を描いた戦慄のドラマ!

1947年6月。サンジュノの町で“バス釣りの夜”と題して開催されていたプライベートビーチのパーティで、悲鳴が上がる。パーティの参加者が駆け付けるとマリーという白人の少女が倒れ、その傍らにメキシコ系のチャベス(ラファエル・キャンポス)という少年が立ち尽くしていた。 州立大学の法学部講師デイビッド(グレン・フォード)は、実務経験がなため契約が更新されず、求職活動を始める。弁護士のバーニー(アーサー・ケネディ)は、デイビットをチャベスの弁護人にすることを条件にインターンを受け入れる。 バーニーの別荘に詰め、秘書のアビー(ドロシー・マクガイア)と裁判に備えるデイビットにニューヨークのバーニーから呼び出しがかかる。バーニーはチャベスの母親と共に裁判費用の寄付を募る集会を開催していたのだった。 デイビットは、その集会が民衆の党の共産主義者によるもので、寄付金が彼らの活動資金に充てられていることを知る。全米が注目する中で裁判が始まり、検察は極刑を求刑する。そしてバーニーと彼が属する党は、チャベスを殉教者に仕立て上げるストーリーを描いていた。チャベスの命を救いたいデイビットは、ある法律の条文に着目する・・・・・・
実務経験のない法律家が人種問題と政治問題がからみ合った困難な裁判を闘う姿をスリリングに描く社会派ドラマ。











Trial (c) 1955 Turner Entertainment Co. Package Design (c) 2018 Turner Entertainment Co. and Warner Bros. Entertainment Inc. Distributed by Warner Home Video Inc. All rights reserved.