株式会社ディスク・ロード

 

<バイ・バイ・バーディー>BYE BYE BIRDIE

品番:TMOD10580
制作年:1963
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:ミュージカル
収録時間:112
発売日:2016/12/26
画面サイズ:16:9シネスコ
音声仕様:英語/5.1ch Stereo
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:ジョージ・シドニー 脚本:アーヴィング・ブレッチャー 撮影:ジョセフ・バイロック 音楽:チャールズ・ストラウス/リー・アダムズ/ジョニー・グリーン  出演:ボビー・ライデル、ディック・ヴァン・ダイク、アン=マーグレット、ジャネット・リー
解説
550名のティーンエイジャーが歌う!踊る!失神する!
ブロードウェイでロングランヒットしたヒットナンバー満載の人気ミュージカルを映画化!!

ティーンエイジャーに人気のロック歌手、コンラッド・バーディー(J・ピアソン)が徴兵される、というニュースは世界中を駆け巡り、ショックを受けたファンたちはホワイトハウスの前でデモを行った。
バーディーを売り出した作曲家アルバート(D・V・ダイク)は、これ以上曲が売れなくなるため、ショービジネスを諦め化学の道に戻ることを考えていた。アルバートの恋人ロージー(J・リー)は、エド・サリバンにバーディーをアルバートが作曲した新曲を歌わせ、最後にファンの女の子にキスをする、という企画を持ち込む。売り込みは成功、バーディーの相手にはオハイオのキム(A=マーグレット)という少女が選ばれた。
キムの住む町は大騒ぎ、登場したバーディーが歌うとティーンエイジャーは次々と失神、市長夫人までも気を失ってしまった。キムのボーイフレンド、ヒューゴ(B・ライデル)、キムの父をはじめとする町の男たちは、どうにもこの状態が面白くない。
そんな男たちをエド・サリバンショーに出演できるとアルバートが説得するが、モクスワバレエ団の中継時間が延びたため、バーディーがショーで新曲を歌う時間が削られてしまう…
プレスリーの兵役騒動にヒントを得た人気ミュージカルをMGM全盛期を支えたジョージ・シドニーが映画化。
(c)1963, renewed 1991 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.