株式会社ディスク・ロード

 

<さよならをもう一度>GOODBYE AGAIN

品番:DLDM001
制作年:1961
制作国:アメリカ
カラー:モノクロ
ジャンル:ドラマ
収録時間:120
発売日:2016/7/25
画面サイズ:16:9ビスタ(モノクロ)
音声:英語・フランス語
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:アナトール・リトヴァク
原作:フランソワーズ・サガン
脚本:サミュエル・テイラー
音楽:ジョルジュ・オーリック
出演:イングリッド・バーグマン、イヴ・モンタン、
アンソニー・パーキンス、ジェシー・ロイス・ランディス

解説
さよならのただ一言がこれほどにも苦しいものなのか・・・
枯葉舞う秋のパリに恋の歓びと哀しさを描く愛の珠玉編!

お互いに離婚経験のあるトラック販売会社の重役ロジェ(Y・モンタン)とインテリアデザイナーのポーラ(I・バーグマン)は、5年越しの恋愛関 係を続けていたが、若い娘との情事をやめないロジェの不実にポーラは気付き始めていた。ある日、ポーラは富豪のヴァン・デル・ベッシュ夫人に 室内の装飾を依頼され、訪れた家で夫人の息子で弁護士のフィリップ(A・パーキンス)と出会う。ロジェと出かけたダンスホールで酒に酔い、 寝てしまったフィリップを家まで送った翌日、フィリップはポーラの店を訪れ、お詫びを兼ねて昼食に誘い出す。遠慮のない好意を寄せてくるフィリ ップに対し、ポーラは25歳と40歳という年齢差を理由に彼の申し出を拒絶する。しかし、ブラームスのコンサートに誘われ、出かけた夜、ポーラ はロジェとの5年の関係をフィリップに語り、そのことがきっかけで二人の仲は急速に接近していく。ロジェに別れを告げたポーラは、フィリップと同棲 を始めるが、有頂天になったフィリップは仕事に身が入らず、ニューヨークへの転勤を命じられ、弁護士事務所を辞めてしまう。子供じみたフィリッ プの行動に戸惑うポーラの元にロジェから連絡が入る…
サガンの「ブラームスはお好き」をA・リトヴァクが映画化した重厚な恋愛心理劇。