株式会社ディスク・ロード

 

<1000日のアン>ANNE OF THE THOUSAND DAYS

品番:DLDM016
制作年:1969
制作国:アメリカ
カラー:カラー
ジャンル:史劇
収録時間:145
発売日:2016/12/26
画面サイズ:16:9シネスコ
音声仕様:英語
字幕内容:日本語
スタッフ
監督:チャールズ・ジャロット 原作:マックスウェル・アンダーソン 脚本:ブリジット・ボランド/ジョン・ヘイル/リチャード・ソコラヴ 音楽:ジョルジュ・ドルリュー  出演:リチャード・バートン、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、イレーネ・パパス、アンソニー・クエイル
解説
愛は はかなき1000日のいのち…
グリニッチ宮廷に咲いた白薔薇の王冠の影にこぼしたひとすじの涙を誰も知らない。

16世紀のイングランド。国王ヘンリー8世(R・バートン)は早世した兄の妻キャサリンを娶ったが、男児の世継ぎには恵まれていなかった。ある日、王は舞踏会でアン・ブーリン(G・ビジョルド)という美しい娘を見初める。
しかし、アンは王が姉を愛人にしてその子を庶子としていたこと、自分にはパーシーという婚約者がいることを理由に王の求愛をしりぞける。何としてでもアンを手に入れたい王は、パーシーを別の女と結婚させ、キャサリンと離婚してアンと結婚することを決意する。
しかし、強大なカトリック国スペイン出身のキャサリンとの離婚をローマ教皇は認めなかった。法務官のクロムウェル(J・コリコス)は、教会よりも王が上とささやき、王はローマとの決別を決意する。
こうして王と結婚、王妃となったアンだったが、即位式の日、人々はアンを「娼婦」と罵るのだった。やがて、アンが妊娠、生まれた女の子はエリザベスと名づけられた。男児でないことに落胆した王は、アンの侍女ジェーン・シーモアに目を付ける。ジェーンを宮廷から追放したアンだったが、男児を死産、王はアンと離婚する方法を考えるようクロムウェルに命じる・・・
『西部戦線異常なし』などの脚本で知られるマクスウェル・アンダーソンの戯曲を映画化、重厚なドラマをスクリーンに再現。1969年のアカデミー賞10部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。
(c)1969 Universal Pictures Limited. All Right Reseved.