株式会社ディスク・ロード

 

<狙撃者>Get Carter

品番:CPDM10570
制作年:1971
制作国:イギリス
カラー:カラー
ジャンル:アクション/戦争
収録時間:112
発売日:2016/3/7
画面サイズ:16:9 ビスタ
音声仕様:英語
字幕内容:日本語
スタッフ
"監督・脚本:マイク・ホッジス 原作:テッド・ルイス 音楽:ロイ・バット 出演:マイケル・ケイン、イアン・ヘンドリー、ブリット・エクランド、ジョン・オズボーン "
解説
"愛する者を失った狼の遠吠えか……  みなぎる殺気に朝の空気がふるえ、超望遠の標的が復讐の影をとらえる! ロンドンの大物ギャング、フレッチャーの部下で、凄腕のギャング、ジャック・カーター(M・ケイン)は、飲酒運転で交通事故死した兄フランクの葬式に出席するため、故郷のニューカッスルへ戻ってきた。カーターは、フレッチャーの愛人アンナ(B・エクランド)と、南米へ高飛びするつもりだったが、兄の死に疑問を抱き、昔の仲間たちに聞き込みを始める。 競馬場で会ったエリック(I・ヘンドリー)の後を付け、町の組織のボス、キニアー(J・オズボーン)の屋敷をつきとめたカーターは、キニアーとフレッチャーが裏で通じていることを知る。キニアーは彼を町から追い出そうするが、カーターは手下を痛めつけ、ブランビー(B・モズレー)なる男が、兄の死に関わっていることを白状させる。 翌朝、カーターの宿にフレッチャーの部下二人が現れるが、隠しておいたショットガンで反撃、逃走する。追い詰められたカーターは、キニアーの屋敷で会ったグレンダに間一髪のところで助けられ、ブランビーと会う。フランクを殺したのはキニアーだと知らされるが、この事実を勢力争いに利用しようとするブランビーの魂胆を見抜き、グレンダと共にその場を去る。 そしてグレンダの部屋で、カーターはキニアーの館で撮影された1本のブルーフィルムを見つける。そこに映っていたのは兄の娘ドリーンだった。カーターはグレンダを問い詰め、ブルーフィルムにまつわるフランクの死の真相を知る。カーターは、兄の謀殺に関わった者たちに、復讐を始めることを決意する。 マイク・ホッジス監督によるイギリス犯罪映画の傑作にしてマイケル・ケインの代表作が初のDVD化! "