digitalpl.us 株式会社デジタルプラス

 

弊社は国内におけるMOD(Manufacturing On Demand=受注製造)事業提供会社として、2009年に設立した カルチュア・コンビニエンス・クラブ・グループのカルチュア・エンタテインメント株式会社の100%子会社です。 北米で2008年から新たな流通形態としてMODによるDVD販売が登場し、日本では2010年に代官山蔦屋書店の新サービス として販売開始しました。現在洋画約300タイトル以上、成人映画約120タイトルを提供中です。 2007年にDVDフォーラムが認証した「DVD DOWNLOAD」規格を採用しており、品質・CSS(Content Scrambling System) 暗号化技術はプレス製品と同等のハイクオリティです。

事業内容
① オンデマンド(受注生産)方式によるDVD製造(一般作・業務用)
② ブルーレイ・DVDソフト企画発売
③ 映像ソフト事業に関するコンサルティング・企画

オンデマンド方式のDVD販売の特徴
①環境に優しく、必要な枚数を必要なだけ生産する仕組みです。
MODはお客様から注文を受けてから製造、販売する受注生産の仕組みです。販売店も我々メーカーも余分な在庫を持つ必要はありません。また、需要予測に基づく在庫管理や決算期の償却など、在庫管理の業務も大幅に低減されます。大量プレスによる廃棄ゴミもありません。
②欠品・在庫切れがありません。
権利許諾期間中は、注文ごとに1枚から生産し、その間の欠品という概念はありません。また、プレス商品と違い、最低発注ロットは必要ありません。(但し、出荷には一定のロットを設定する場合があります)
③受注から納品までのリードタイムが短い。
MODの製造にかかる時間は1枚あたり約25分(二層・デュプリケータ1台あたり)。100枚程度の生産なら2営業日で納品が可能です。「すぐに納品してくれ」にお応えできます。プレスだと最低ロットが必要で、10日から2週間程度かかります。
④中古商品が出回りにくいので商品価値が崩れません。
本当に欲しいお客様だけがお買い求めになられるうえに、受注生産なので、著作権料を回収できない中古品が出回りにくく、価値が下がりません。
⑤街のお店では手に入りにくく、70%のお客様は通販経由です。
店頭販売しているお店が少なく、受注生産の性格上、通販に適した商材です。

※2007年以前に製造されたDVDプレイヤーはDVD-R再生に対応していないため、オンデマンド方式のDVDはご覧いただけません。
※SHARP製の一部DVDプレイヤーではオンデマンド方式のDVDはご覧いただけません。詳しくはSHARPホームページをご覧ください。
※パソコンでの動作保障は致しておりません。